≪ 6月度「広場」 グラウンド・ゴルフ体験パートⅡ ≫

 週間の天気予報では台風5号と梅雨前線の影響で降雨が予想され、実施できないものと思っておりましたが、幸い台風は足早に北上、前線は南下し遠ざかったため、当日(6/12)は台風一過の晴天を期待しましたが、厚い雲に覆われいつ雨が降り出すか判らない空模様12時に西堀高沼公園 多目的グラウンドに18名(男性11名、女性7名)が集まり、グラウンド・ゴルフの経験豊かな並木さん(3班)にリーダーをお願いし「グラウンド・ゴルフの体験パートⅡ」が始まりました。参加者には未経験者が多かったので先ずは「グラウンド・ゴルフ」の全般的説明(ルール、マナー、クラブの持ち方、球の打ち方など)を受け、その後チーム編成をくじ引きで行い、4グループに分かれたのち各ホールに向かいスタ-トです。


 グラウンド・ゴルフについて簡単に説明をしておきます

ゲームは個人プレーと団体プレーの両方ができます。1チームは通常6人1チームです。1打目をスタートマットより打球し、直系36㎝のホールポスト(ポストまでの距離:50㍍、30㍍、25㍍、15㍍)の輪の中に静止(トマリ)させて競います。通常8ホールのポストをまわりその総打数が少ないプレーヤ-(チーム)が勝者となるゲームです。


 今回はグラウンド・ゴルフの体験である為、スコア(打数)は二の次、楽しく会話を交えたショットなので、思うように打球がホールポストに近寄らず悪戦苦闘をしていた方も見受けられました。日頃の運動不足とストレスの解消に少しは役に立ったのでしょうか? 打数が多かった人は当然歩く距離が長くなるので、それなりに足・腰に疲労を感じたのではないでしょうか?グラウンド・ゴルフの楽しさを感じて頂ければ幸いです。

                                 (幹事:松本)