5月度「散策」 横浜イングリッシュガーデン


5月28日(火)前日までの猛暑も収まったように見える午前10時に浦和駅を出発、横浜駅に19人が集まりました。無料送迎バスに乗り「イングリッシュガーデン」に着いたとたん小雨が降りだし、休憩スペースで日よけパラソルならぬ雨除けパラソルの下で昼食。半袖シャツ姿で参加した人達は涼しいのを通り越して寒いと言っているほどの天気でした。 

入園料はバラの開花状況によって変更になるので前日に調べたところ、満開で花びらも散り始めていることから29日からは800円になるそうですが、一日早かったため今回は団体扱いの900円で入場しました。園内はローズトンネルを中央に、左右と奥は「ローズ&グラスガーデン」「ローズ&ハーブガーデン」「ローズ&クレマチスガーデン」などテーマごとの植え込みになっています。 

アジサイ、白い花がバラにも負けないバイカウツギ、釣鐘型のかわいらしいクレマチスなどが咲いてクロバナロウバイ、ギョリュウバイ、スモークツリー、イワガラミなど珍しい木もあり、ジギタリス、アカンサスの背の高い花が樹木の下に彩りを添えていました。草花の種類の多いのには感心しました。 

小雨が降ったりやんだりする中を思い思いに園内を散策したり、ショップで買い物をして楽しい一時を過ごして帰路につきました。浦和に帰ってきたら雨の降った様子はなく、雨は横浜の沿岸部だけだったのかと思いました。

浦和駅に戻った有志で駅周辺の飲食店に行き、話に花が咲き、バラなどの草花を観賞し満喫した一日を締めくくりました。           (記:松尾和、写真:松本)