3月「広場」早春の秩父をバスで尋ねてみませんか!! ≫ 


「行程」 

さいたま新都心駅 ⇒ 圏央道(桶川北本IC) ⇒ 関越道(花園IC)⇒ 道の駅(はなぞの)⇒ 宝登山神社(参拝・散策)⇒ 宝登山ロープウェイ ⇒ 宝登山梅百花園(散策)⇒ 宝登山ロープウェイ ⇒ 不動寺(散策)⇒ ガーデンハウス有燐(昼食)⇒ 八木観光農園 ⇒ 秩父地場産センター ⇒ 秩父神社(参拝・散策)⇒ 関越道(花園IC)⇒ 関越道(嵐山PA)⇒ 圏央道(桶川北本IC)⇒ さいたま新都心駅


週間天気予報では312日(火)は一日中曇天と云う予報が出ていましたが、新都心駅で観光バスに乗り高速道に入る頃にはすっかり天気予報は外れ、目的地に近づくにつれ段々と天気は良くなり宝登山神社に到着。全員で参拝する頃には、無風状態で陽射しも強く暖かい陽気となり絶好の日和に恵まれました。宝登山神社を参拝したあとロープウェイで宝登山へと向かいました。

宝登山は「梅百花園」「山頂」「奥宮」など見学するコースが整備され、各人コースを選んで自由散策を楽しみました。特に「梅百花園」では梅が咲き乱れ梅の香りを漂わせる中を散策。ほかに蠟梅などその他の花・木を十分に観賞することができました。 

昼食は宝登山の麓にある「ガーデンハウス有燐」で釜めしを堪能。八木観光農園では「いちご」を摘むことはできませんでしたが、その代わりに甘い香りの「やよい姫」なるいちごをお土産に頂きました。その後、夜祭りで有名な「秩父神社」へと向かい、再び全員で参拝、秩父地場産センター周辺の観光スポットなどを各自で自由に散策。散策を終えたのち帰路につきました。バスの中ではクイズやビンゴゲーム、カラオケ、合唱などを行なって、楽しく過ごしていたせいか、皆さん帰りの時間は短く感じられたのではないでしょうか・・・。今回のバス旅行はバスが新車で、会社に2台しか保有されていないうちの1台(サロン可能)で、座席もゆったり、通信カラオケで携帯電話の充電も可能な新幹線なみの装備をした、乗り心地の良いバスで疲れを余り感じられませんでした。又、運転手も女性ドライバーの安全運転で楽しい素晴らしい旅ができました。幹事(福嶋す、松尾和、藤村)の皆様には大変お疲

 れ様でした。                                (記事・写真:松本)