会長就任にあたっての思い

                                  第9期 会長 野口茂雄 

今年2月に行われた10周年記念式典記念パーティーでの「各班の余興」では、北浦和校第9期の見事なチームワークが見られました各班の全員参加によるアトラクションには、班員すべての人が主役になるよう工夫され、それぞれが創意を発揮し、十分その役を楽しみながら、班全体が一体となった素晴らしい演技には心底感動させられました。しかもそれが1班から12班までのすべての班に共通して見られたことです。そして、皆それぞれ凄い実力を持ちながら、誰ひとりとして俺(私

)が俺(私)と言わない北浦和校第9期の仲間には、ただただ感心すると同時に、同じ仲間として誇らしい気持ちで一杯になりました。これらの仲間であれば、私が会長になってもこの組織ならば十分に支援していただけるものと思い、それ故、今後の会の運営も十分可能と確信し安堵したところであります。

今年度からは連合会と北浦和校協議会を退会した結果、会員の皆様には、連合会の主催する文化祭(芸能発表会、作品展)や北浦和校協議会主催の講演会・演奏会などへの参加の機会がなくなり申し訳なく思っておりますが、定期総会で説明させて頂いたとおり、総務部では、食事会の回数を1回増やすとともに食事処も新しいお店に変え、さらに、講演会や演奏会などの新規事業を計画し、他の関係団体との連携などを行い、今までと同じ様な参加機会が得られるよう幾つかの「催し物」の実施を考えております。 

また、企画部におきましても、昨年度から実施している「散策」と「広場」の行事をさらに充実させるべく検討し、実施を考えておりますので、会員の皆様におかれましては、各行事への積極的なご参加をお願い致します。 

更にこれから1年間、校友会発展のため種々ご尽力頂ければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

併せて、会員皆様とご家族皆様には、活発かつ健やかな日々をお過ごしいただき、来年度も今年と同じメンバーで迎えられますよう心から願っているところです。                  以上